ESGに関する情報開示

サステナビリティサイトで報告している主な実績データをまとめています。

XLS各マテリアリティ(重要課題)に対する取り組み指標(KPI)の実績はこちらからご覧になれます。(17.3KB)

各項目の削減目標については、環境負荷低減に向けた目標をご参照ください。

環境

エネルギー消費量

実績推移

単位 2018年
(基準年)
2021年 2022年 2023年
エネルギー消費量 kWh 281,751,586 220,445,290 223,244,104 218,074,799*
エネルギー消費原単位 kWh/㎡ 245 197 199 193*
データカバー率 96.8 99.4 99.8 100.0

温室効果ガス(GHG)排出量

実績推移

単位 2019年
(基準年)
2021年 2022年 2023年
温室効果ガス(GHG)排出量 t-CO2 90,400 76,706 77,684 77,115
Scope1 t-CO2 374 389 435 437*
Scope2 t-CO2 1,805 1,304 1,383 1,545*
Scope3 t-CO2 88,221 75,013 75,865 75,133*
温室効果ガス(GHG)排出原単位 t-CO2/㎡ 0.081 0.068 0.069 0.068*
基準年比削減率(原単位) -16.0 -14.8 -16.0
データカバー率 98.4 99.4 99.8 100.0

水消費量

実績推移

単位 2019年
(基準年)
2021年 2022年 2023年
水消費量 1,124,224 940,709 977,771 967,887*
水消費原単位 ㎥/㎡ 1.014 0.842 0.871 0.855*
基準年比削減率(原単位) -16.8 -14.0 -15.6
データカバー率 98.5 100.0 100.0 100.0

廃棄物リサイクル率

実績推移

単位 2020年度 2021年度 2022年度 2023年度
廃棄物リサイクル率 54.1 45.6 37.2 64.6
データカバー率 88.0 89.5 86.3 87.3

報告数値の信頼性を確保するため、環境データの一部について、2022年より第三者機関(KPMGあずさサステナビリティ株式会社)による限定的保証を受けています。2023年の対象となる指標には*マークを付しています。
独立した第三者保証報告書(2023年)PDF

上記実績データに関する注記

対象範囲

本投資法人が保有する物件または受益権に係るポートフォリオ全体(底地物件を除く)を対象としています。

集計期間

エネルギー消費量・温室効果ガス(GHG)排出量・水消費量
1月から12月としています。
これに伴い、2021年以前のデータについて、集計期間を1月から12月に変更し、温室効果ガス(GHG)排出量、水消費量の目標設定における基準年についても2019年度から2019年に変更しました。

廃棄物リサイクル率
2021年度までは4月から翌年3月とし、2022年度からは、1月から12月としています。

算出方法・排出係数

エネルギー消費量(単位:kWh)

  • 燃料:各燃料種別使用量×熱量換算係数×電力量換算係数
    電力:購入エネルギー量
  • エネルギー消費量÷物件面積(延床面積)

温室効果ガス(GHG)排出量(単位:t-CO2

  • エネルギー消費量×CO2排出係数
  • 温室効果ガス(GHG)排出量÷物件面積(延床面積)
  • 温室効果ガス(GHG)としてCO2を集計しています。
  • 電気使用量に関するCO2排出係数については、「電気事業者別排出係数(特定排出者の温室効果ガス排出量算定用)」(環境省、経済産業省)を使用しており、2022年までは各年度の基礎排出係数を、2023年は調整後排出係数を使用しています。
    それ以外のCO2排出係数については、「算定・報告・公表制度における算定方法・排出係数一覧」(環境省)に記載されている排出係数を使用しています。
  • Scopeの定義は以下のとおりです
    • 組織により所有・コントロールされているGHG排出源(大気にGHGを放出する物理的な施設・プロセス)からの直接的なGHG排出。
      本投資法人のポートフォリオにおいては、マルチテナント物件またはパススルー型マスターリース物件における共用部の燃料の燃焼によるCO2直接排出量を指します。
    • 組織により購入された電気、熱、蒸気の生成に起因するGHG排出。
      本投資法人のポートフォリオにおいては、マルチテナント物件またはパススルー型マスターリース物件において共用部における他社から供給された電気、熱、蒸気の使用に伴うCO2間接排出量を指します。
    • Scope1、Scope2以外で組織の活動に関連するが、他の組織が所有・コントロールするGHG排出源から発生するGHG排出を指します。
      本投資法人のポートフォリオにおいては、カテゴリー13(自社が賃貸事業者として所有し、他者に賃貸しているリース資産の運用に伴う排出を指します。)に限定しており、Scope1、Scope2以外で他社から供給された電気、熱、冷水の使用、及び燃料の燃焼に伴うCO2間接排出量を指します。

水消費量

  • 上水使用量、中水使用量、雨水使用量、井水使用量、再生水使用量、工業用水使用量の合計を集計し算出しています。なお、取水量を使用量と見做して集計しています。
  • 水消費量÷物件面積(延床面積)
  • 2022年より井水使用量、再生水使用量、工業用水使用量を追加して集計しています。
    これに伴い、2021年以前のデータについて使用量に井水使用量、再生水使用量、工業用水使用量を追加しました。

廃棄物リサイクル率
各自治体の基準に沿い算出された排出量を元に計算しています。

社会

第28回 &EARTH衣料支援プロジェクト(2023年秋)

フロンティア保有施設の実施結果

保有施設ごとの実施状況

日程 実施施設 実施結果
参加者数 回収重量 募金金額
2023/10/28 ララガーデン春日部 230人 1,081kg 7,480円
2023/11/11 三井アウトレットパーク入間 68人 384kg 5,100円
2023/11/11 ららぽーと磐田 142人 708kg 2,851円

ガバナンス

役員の状況

役職名 氏名 性別 役員会への出席状況
(2022年度)
第39期(2023年12月期)
における報酬の総額
執行役員 岩藤 孝雄 男性 100%
(13回/13回)
3,000千円
監督役員 鈴木 敏雄 男性 100%
(13回/13回)
1,800千円
監督役員 飯田 浩司 男性 100%
(13回/13回)
1,800千円
監督役員 鈴木 乃里子 女性 100%
(13回/13回)
1,800千円

役員の略歴については、FRIについて>役員一覧をご覧ください。

トップへ戻る