サステナビリティマネジメント

サステナビリティ推進体制

本資産運用会社において、サステナビリティに関する取り組みの実効性を担保するため、代表取締役社長を委員長とし、投資運用部長、財務部長、企画・管理部長を構成委員としたサステナビリティ委員会を設置するとともに、その事前協議機関としてサステナビリティ事務局を設置しています。

サステナビリティ推進体制

サステナビリティ委員会

会議の開催 委員会は原則として四半期に1回開催
※委員会にはコンプライアンス部長の出席を原則とし、コンプライアンス上の観点から意見を述べる。
内容 委員会においては、事務局により立案された、「サステナビリティに関する方針」、「リスクと機会の把握に基づく、短期または中長期の目標(達成度合を明確に測るための重要指標(以下「KPI」)を含む)」およびそれらを管理・実現するための「具体的施策とその実施計画」を審議。

事務局

会議の開催 事務局は原則として四半期に1回以上開催
位置づけ 事務局は委員会の事前協議機関として、「サステナビリティに関する方針」、「リスクと機会の把握に基づく、短期または中長期の目標(KPIを含む)」およびそれらを管理・実現するための「具体的施策とその実施計画」等を立案。
また、事務局は、委員会の審議を経て決定された目標や具体的施策等について、全社の進捗状況を管理し、所管部署の該当事項を取りまとめたうえ定期的に委員会に報告を実施。

年間活動スケジュール

年間活動スケジュール

サステナビリティ委員会で決定した方針、目標および具体的施策等、ならびに進捗状況は本資産運用会社の取締役会および投資法人役員会に定期的に報告されます。(2020年度実績:委員会4回開催、委員平均出席率100%)

トップへ戻る