Environment(環境)への取り組み

本投資法人は、「サステナビリティに関する方針」に定める環境負荷の低減及び様々なステークホルダーとのサステナブルな関係構築に関する取り組みをより一層推進するとともに、ESGに強い関心を持つ投資家からの需要を喚起することによる投資家層の拡大及び資金調達手段の多様化による、より強固な財務基盤の構築を目指しています。

グリーンファイナンス・フレームワークの概要

資金使途

以下の適格クライテリアを満たすグリーンビルディング(グリーン適格資産)の取得資金または改修工事資金、もしくは同資金のリファイナンスに充当します。

適格クライテリア

(1)グリーン適格資産
  • 以下の第三者認証機関の認証のいずれかを取得済もしくは今後取得予定の物件
  • DBJ Green Building認証:5つ星、4つ星、もしくは3つ星
  • CASBEE不動産評価認証:S、A、もしくはB+ランク
  • BELS認証:5つ星、4つ星、もしくは3つ星
  • LEED認証:Platinum、Gold、もしくはSilverランク
(2)改修工事
  • 以下のいずれかの改修工事
  • 上記の認証のいずれかの1段階以上の改善、環境認証の更新又は取得を実現する改修工事
  • エネルギー効率、水の消費性能等、環境面で有益な改善を目的とした設備等改修工事(従来比30%以上の改善効果のあるもの)

適格クライテリア及びプロジェクトの選定プロセス

適格クライテリアは、本資産運用会社の代表取締役社長が委員長を務めるサステナビリティ委員会にて審議され、代表取締役社長権限にて決定されます。
調達資金の使途となるプロジェクトは、本資産運用会社の財務部担当者により適格クライテリアへの適合が検討され、評価及び選定が行われます。

調達資金の管理

グリーンファイナンスで調達した資金は、速やかに又は早期にグリーン適格資産の取得資金、グリーン適格資産の取得に要した借入金の返済資金、又はグリーン適格資産の取得に要した発行済の投資法人債の償還資金に充当します。
未充当資金が生じた場合は、本投資法人が保有するグリーン適格資産の取得価格の合計に、確認時において算出可能な期末LTVを乗じて算出された負債額(グリーン適格負債額)をグリーンファイナンスの上限額とし、グリーンファイナンスの残高がグリーン適格負債額を超過しないよう管理します。

グリーンボンドの発行状況

銘柄 発行額
(百万円)
利率 発行年月日 償還期限 摘要 プレスリリース
第6回無担保投資法人債
(特定投資法人債間限定同順位特約付)
(グリーンボンド)
1,500 0.400% 2021年10月29日 2031年10月29日 無担保・無保証
第7回無担保投資法人債
(特定投資法人債間限定同順位特約付)
(グリーンボンド)
1,000 0.660% 2021年10月29日 2036年10月29日 無担保・無保証
合計 2,500 - - - - -

レポーティング

(1)資金充当状況に係るレポーティング
  • 資金調達時に充当対象物件をウェブサイト、プレスリリース等により開示します。 充当対象物件が売却された際には、グリーンファイナンス対象物件であった旨、プレスリリースにて開示します。また、売却以降は、グリーンファイナンスの残高が存在する限り、各年の 6 月末時点における以下の項目をウェブサイトにおいて開示します。
  • グリーン適格資産の取得価格の合計
  • LTV
  • グリーン適格負債額
  • グリーンファイナンス残高
(2)環境改善効果等に係るレポーティング
  • グリーンファイナンスの残高が存在する限り、各年における以下の項目をウェブサイトにおいて開示します。
  • グリーンビルディング認証の取得状況
    (物件数、延床面積及び取得割合(延床面積ベース))
  • 各グリーン適格資産の物件名称、グリーンビルディング認証種別、
    評価及び認証取得(更新)日
  • 改修工事に充当した場合は、改修工事の内容及び対象物件の詳細
    (名称、改修工事前後の環境関連定量指標、又は改修工事前後のグリーンビルディング認証種別・評価)

外部機関の評価

本投資法人は、本グリーンファイナンス・フレームワークに対する第三者評価として株式会社日本格付研究所(JCR)より「JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価」の最上位評価である「Green1(F)」を取得しています。詳細については、以下をご参照ください。

JCRグリーンファイナンス・フレームワーク評価:https://www.jcr.co.jp/greenfinance/

トップへ戻る