フロンティア不動産投資法人

証券コード8964│略称FRI

文字サイズ
文字サイズ小
文字サイズ大

トップコミットメント

印刷する

資産運用会社社長より
皆さまへ

人生100年時代の資産形成が求められる我が国にあって、私たち三井不動産フロンティアリートマネジメント株式会社は、フロンティア不動産投資法人の資産運用会社として、重要な役割と責務を担う社会的存在でありたいと考えています。

リスクに配慮した安全な運用方針に基づき、不動産の収益を分配金という形で安定的にお届けすることによって、長期的に投資主の方々に保有していただけるJ-REITであり続けるために、私たちを取り巻く様々なステークホルダーとサステナブルな関係を構築してまいります。

私たちが日々活動している地球や社会が環境的に健全な状態で存在し続ける、つまりサステナブルであることは、継続的な不動産運用の大前提です。商業施設を保有運営するものとして、エネルギー使用量の把握と削減に繋がる環境負荷低減施策を推進しています。

また、私たちは、法令順守を貫くとともに、ガバナンス態勢の維持強化のために、意思決定プロセスのトレーサビリティの確保を重視しています。各人が議論を尽くす組織運営はもとより、日頃から風通しよく意見を交し合える闊達な社風がガバナンスの原点と考えます。

さらに、各人の能力が最大限に発揮される職場環境、そして各人の能力を更に高めることを主眼とした人事評価や研修などの制度設計と運用は、本投資法人と資産運用会社役職員双方のためのものです。業務遂行を通した自己実現による、役職員の成長が本投資法人のサステナビリティを支えると言っても過言ではありません。

フロンティア不動産投資法人がサステナブルに存在し続けるためには、私たち資産運用会社がサステナブルな存在でなくてはならない。近年のESG投資の潮流は、こうした私たちのレゾンデートル(存在意義)に適合する動きであると考えています。

ESGに関連する様々な施策は、長期にわたりリターンを得るべき投資と位置づけ、有効性に配慮しながら実施をしてまいります。今後とも変わらぬご支援、ご理解を賜りますようお願い申しあげます。

このページの先頭へ